印鑑がいつも気持ちよくきれいに捺印できる訳。手間隙かける印面調整

『ミヤモトさん所の印鑑は いつも気持ちよく
 きれいにうつる(捺印)ねぇ』
お客様より頂戴するお言葉 の その理由。

画像


何度も押して 気に入るまで調整はつづきます。
使う朱肉も、印泥など濃いスキッと
押せるものではなく汎用の朱肉で試します。

画像


印面凸凹をとる研磨。
当社基準では
平滑調整しないで合格の材料は現在
なしの状態です。
元来綺麗な印影が得られる象牙、TITANでも
丹念な薄く薄く 印面研磨が続きます。



小さな凹ではなく、
うねりのような微妙な傾斜があるので
要注意です。

象牙、黒水牛など自然印材の印面には
墨や朱墨を打っています。
この段階でも "秘伝"の平滑加工で
より鮮明な印影を得られるよう努めています。

http://www.miyamotoinban.co.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック