後醍醐天皇御陵印 その陵は吉野如意輪寺内にある塔尾陵。如意輪寺御朱印も

後醍醐天皇御陵印
後醍醐天皇2.jpg

御陵は奈良県吉野郡吉野町大字吉野山字塔ノ尾の
如意輪寺内にある塔尾陵(とうのおのみささぎ)に治定されている。
通常天皇陵は南面しているが、後醍醐天皇陵は北面している。
これは北の京都に帰りたいという後醍醐天皇の願いを表したものだという。
軍記物語『太平記』では、
後醍醐天皇は「玉骨ハ縦南山ノ苔ニ埋マルトモ、魂魄ハ常ニ北闕ノ天ヲ望マン」と遺言したとされている。



陵墓印は橿原神宮近くの畝傍陵墓監区事務所で
捺させいただきました。

在位中の元号
文保
元応
元亨
正中
嘉暦
元徳
元弘
建武
延元

塔尾陵を尋ねに
正成の子 正行ゆかりの吉野 如意輪寺へ。
山門を入って右側にあります。

画像



吉野の街は、南北朝時代の南朝色 全開!
後醍醐天皇 楠木正行 南朝跡 菊水紋の匂いが。

画像


46世住職 加島君とも会えて
良かった。

こんなの作っています。

菊水デザインの印鑑ケース

画像


象牙がよく似合う

画像


よみがえる武将デザインのページ
http://www.miyamotoinban.co.jp/2019busyoukcase1.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント