「三人寄れば文殊の智恵」安倍文殊院文殊菩薩と御朱印

桜井市行2
知恵シリーズ第二弾 「三人寄れば文殊の智恵」
大神神社から南下まもなく

まず石碑 書と落款に注目 
天の原 ふりさけ見れば 春日なる 
三笠の山に 出でし月かも
阿倍仲麻呂
大きいめの落款【莫】の字 榊莫山さんの作でした。

スクリーンショット(2021-04-05 17.51.04).png

国宝 文殊菩薩は 一度観る価値あり、
獅子に乗っています。
本堂でのお坊さんの話。

スクリーンショット(2021-04-05 17.51.14).png

宗派も知らない若い人が【赤】の魔除けだけを
求めにくるのも目立つとか。
年齢を問わず 厄よけ意識は高いとのこと。

境内は受験祈願の絵馬がズラリ!
和歌山の私立中のもありました。

「安倍文殊院」
大化元年(645)に創建された日本最古に属する寺院。
御本尊は「三人寄れば文殊の智恵」のことわざでも
有名な文殊菩薩で、快慶作の国宝。
日本三文殊の第一霊場
境内には弁財天、奈良時代の
遣唐使・安倍仲麻呂、
平安時代の陰陽師・安倍晴明が
お祀りされている方位災難除けの
金閣浮御堂 特別史跡の古墳、
安倍晴明が天文観測をしたと
伝わる展望台などがあります。
人々の願いを叶える場所として、
たくさんの方が訪れ、
信仰を集めています。

#安倍仲麻呂 #安部晴明
#厄除け #文殊菩薩
#安倍文殊院 #御朱印
#御朱印集め #御朱印帳
#桜井市 #桜井市木材団地
#奈良景観資産 #石碑
#国宝文殊菩薩
#文殊菩薩 #合格祈願
#榊莫山 #京奈和道
#三人寄れば文殊の知恵
#印鑑 #落款
#角印 #華厳宗 #快慶 #快慶作
1日前

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント