テーマ:将棋

「現在将棋駒で見かける 「王」と「玉」  篆書や印篆ではこんな字形」について

「現在将棋駒で見かける 「王」と「玉」  篆書や印篆ではこんな字形」について 文字にはひとつひとつ 人の生活、文化が息づいています。 PR動画を作ってみました。 本ブログはこちらです。 http://miyamotoinban.at.webry.info/201703/article_1.html 弊社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋駒に使われる「金」と「銀」 特に「金」は成金にも使われます。

将棋駒に使われる「金」と「銀」 将棋では駒を裏返すことで成駒になったことを示します。 駒の裏にはその成駒の名前が書かれており 一段と戦力アップすることも多くなっています。 その文字については「金」の“くずし文字” という説より 歩、香、桂、銀 それぞれ字形を替えて作りました。 歩です。 香と桂です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在将棋駒で見かける 「王」と「玉」  篆書や印篆ではこんな字形

現在将棋駒で見かける 「王」と「玉」 印鑑でよく使う篆書の書体だと 写真のような文字になります。 写真でも左が「王」 右が「玉」 右の「玉」 左右対称に垂れている線が、 今の玉の点に当たる部分かと思われます。 この文字がルーツの原型に近いのです。 篆書の文字達 元は左右対称の字形が多くなっています。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

馬陵の戦いを彷彿とさせる対局の一手 やっと完成した印篆の将棋駒で再現

2013年 NHK杯準決勝 郷田棋王-羽生三冠の対局です。 印象に残った馬陵の戦いを彷彿とさせる対局の一手  やっと完成した印篆の将棋駒で再現しました。 印篆というのは、書体の一種で篆書の仲間になります。 特に印鑑に使うため 収まりよく考案された書体です。 馬陵の戦いは、 中国戦国時代にあたる紀元前341年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

印篆の将棋駒に挑戦!! その2 孫子や漢楚の激闘の再現を

印篆の将棋駒に挑戦 !!   その2 文字の説明は その1のこちらをご参照ください。 http://miyamotoinban.at.webry.info/201702/article_1.html 1文字駒で行く事に決めましたが バリエーションを楽しむため ルーツから検討することにしました。 甲骨はともかく …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

印篆の将棋駒に挑戦!! 史記や三国志の雰囲気をもった戦いが!?

印篆の将棋駒に挑戦!! 史記や三国志の雰囲気をもった戦いの再現を体感出来るか? 文字は『印篆』と呼ばれる 篆書の仲間を採用 写真は、戦国時代の古璽印 古代 中国はそれぞれの都市国家によって様々な字形が 使われていましたが戦国7雄を統一した秦の始皇帝は 文字も統一し(小篆)文字文化の発展も生み それが …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

bloglink)渡辺明竜王 竜王戦強し!! 順位戦Aで他棋士との対局もみたいのでがんばってください

渡辺明竜王 竜王戦強いですね。 前回は羽生さんに逆転だったし。 順位戦Aで他棋士との対局もみたいです。がんばってください。 毎週 NHK将棋トーナメントを楽しみにしています。 以前 近畿印章業連盟のイベントで 将棋・麻雀大会が あったのを思い出しました。 私は麻雀の方に参加でしたが 趣味で懇親もいいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more