テーマ:御陵印

後醍醐天皇御陵印 その陵は吉野如意輪寺内にある塔尾陵。如意輪寺御朱印も

後醍醐天皇御陵印 御陵は奈良県吉野郡吉野町大字吉野山字塔ノ尾の 如意輪寺内にある塔尾陵(とうのおのみささぎ)に治定されている。 通常天皇陵は南面しているが、後醍醐天皇陵は北面している。 これは北の京都に帰りたいという後醍醐天皇の願いを表したものだという。 軍記物語『太平記』では、 後醍醐天皇は「玉骨ハ縦南山ノ苔ニ埋マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桓武天皇御陵印 と令和元年の今だからこそ挑戦!! 元号全部彫る!! プロジェクト(歳の印)

桓武天皇御陵印。 文字は「桓武天皇柏原稜」 伏見城の駐車場から 歩いていけます。 上手な捺し方 桓武天皇 平城京からほとんど未開の山城国への遷都 延暦3年(784年)に長岡京を造営 延暦13年(794年)、気学における四神相応の土地相より長岡京から 艮方位(東北)に当たる場所の平安京へ改めて遷都した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治天皇の御陵伏見桃山陵におまいりで御陵印を捺させてもらう

明治天皇の御陵 伏見桃山陵におまいりしました。 お世話になっている 印鑑登録の起源は その明治4年の太政官布告 第456号「諸品売買取引心得方定書」 住民は証文などに使う印章(印鑑)を 捺印して“登録”するよう定める。 明治6年の太政官布告第239号 「実印のない公文書は裁判で 証拠として認められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more